===2008年5月31日に 講演会【台湾バスの旅】を開催いたしました。 〜〜〜ご来場くださいました皆様、誠にありがとうございました。===
     
台湾の高速バス事業者リンク集
2017
4/ 6

更 新

葛瑪蘭客運 台北バスステーション
葛瑪蘭客運・羅東站  (2008.12 羅東にて) 
台北バスステーション  (2008.12 建設中に撮影) 


台湾を自由に巡りたい貴方へ...


 高速バス事業の自由化が進んでいる台湾では、2列座席でビデオのサービスが付き、トイレも完備された豪華バスが、大都市間では24時間、頻繁に運行されています。複数の会社による競争の結果、パーソナルビデオのあるバスや、座席に電動マッサージ機能もあるバスまで登場しました。日本では考えられない充実したバスサービスを活用して、貴方も台湾各地へ出かけてみませんか?

最近の更新 「高速バス区間別比較研究」のコーナーは、随時アップデートしています。
2017.4. 6高速バス区間別比較研究に 台中〜屏東を新設しました。
2017.3.18高速バス区間別比較研究に 台北〜屏東を新設しました。
2016.12頃 200,000アクセス達成しました。感謝〜
2016.6.20 汎航通運 のURL変更に対応しました。
 以前の更新

前日予約OK!スーパーエコ割
JTBの新しいスタイルの海外送金サービス【Money T】
台北の口コミ人気ホテル
Counter Since 2003. 4. 20
【格安航空券】最短で出発前日14時まで直前予約OK!

【ブログ】アジアバスセンター・台湾
  台湾バスニュースをはじめ、
  様々な話題をお届けします。


参考)旧・台湾バスニュース (更新停止)
2007年1月以降は上のブログ
【アジアバスセンター台湾】をご覧下さい。
  台湾の高速バス図鑑  
 多彩なバスの画像を掲載し、
運行事業者の概要も解説しています。






900円で東京駅から成田空港へ<東京シャトル>

【作成中】統聯客運時刻表(台北発)
暫くお待ちください。

國光客運時刻表(台北発)【2010/12/11時点】 
台北西站(その1)中部方面
台北西站(その2)彰化・員林・嘉義方面
台北西站(その3)南部方面【台南以南へ】
 


2017年3月1日より、統聯客運は運賃を引き上げ。 國光客運は3月8日から。 割引運賃適用時間帯の大幅な短縮にご注意を。 。       ★★★歓迎光臨★我是日本人的巴士迷。 我愛好台湾巴士。請看看、謝謝!  

リンク先をご覧になるには、中国語(繁体字=Big5 )のフォントが必要です。

 

事 業 者 名主 要 路 線コ メ ン ト
國光クォクァン客運台北〜台中・嘉義・台南・高雄・屏東・基隆・桃園・中歴・新竹・桃園機場
台中〜高雄
2001年 7月、台湾客運の民営化により誕生した。
2005年7月1日より、金色の新車「雲豹」を台北〜高雄・屏東に投入し、巻き返しを図る。
台湾桃園國際機場〜台北【國光號】の運賃は125元
統聯トンリェン客運台北〜台中・嘉義・台南・高雄・屏東
台中〜台南・高雄
台中〜桃園機場
1990年 3月開業、700台以上保有する大手。3列座席が標準、平日割引運賃で勝負。
2004年11月26日より、板橋〜高雄・新竹へ新路線開設。
2005年4月上旬に全面リニューアルされました。
2009年8月19日より、台北発全路線が【台北バスステーション】から出発に変更。
建明チェンミン客運
(飛狗巴士)
台北〜新竹中歴台中・桃園機場

台中〜桃園機場
車体に大きくダルメシアン犬を描き、飛狗(フェイゴウ)バスの愛称で呼ばれている。最近の新車から桃色地につばめの舞うデザインとなり、愛称も City Flyerとなった。
2006年春頃、竹東線は休止されたが、2007年2月頃再開した模様
2006年12月5日、台北〜高雄線は廃止された。
2014年3月14日、台北〜台中線は廃止された。
2017年5月14日、台北〜新竹線は首都客運に移管された。
豪秦ハオタイ客運台北〜新竹
松山機場〜竹北
各座席に液晶モニターを搭載。

2004年7月10日より、台北市東部〜竹北に新路線開設!
日統ズートン客運台北〜梅山・嘉義・北港・四湖・麦寮台北と雲林県各地を結ぶ。台北のターミナルは北門
 2003年 4月 1日より板橋経由、北二高速線を開設。
2015年9月1日より嘉義への乗り入れを停止。中正大学どまりに。
阿羅哈アロハ客運 台北〜高雄・嘉義・台中
台中〜高雄
板橋〜新竹
豪華2列座席車を運行。交通部によるサービス度調査で、NO.1を獲得。現在、服務小姐によるサービスを受けられる唯一の会社。
台語歌手「黄妃」を起用した同社のキャンペーンソング
「See You ALOHA〜」を流しています。 
和欣フーシン客運台北〜台南・台中
台中〜台南
嘉義〜台南、高雄、小港機場
板橋〜台中・台南
台中〜嘉義
桃園機場〜員林
豪華2列座席車を運行。真紅の車体が目印。
2004年 3月末〜HPを全面リニューアルし、とてもクールなサイトに。特に非常時の脱出方法のビデオ(車上安全影片)は秀逸。
台中〜嘉義に新路線を開設。
2009年2月、桃園機場〜彰化〜員林に新路線を開設。
2011年9月14日、捷運南港〜八堵〜基隆海科館に新路線を開設。
尊龍 ツンロン客運 台北〜台中豪華2列座席車の先駆者。2008年7月16日〜運行休止中
2009年11月中旬よりの運行再開を表明するも、2010年11月時点でもいまだ運行再開には至らず。

http://www.dragonbus.com.tw/news/news_970713.htm
.
.
長榮 チャンロン國際儲運台北〜桃園機場長榮(エバー)航空のグループ企業。4列シート。
2004年頃から台北市内ゆきの経路が民権東路から 400m程南側の民生東路経由になっているので注意されたい。なお救國団から先の循環部分と桃園機場ゆきの経路に変更はない。
2009年8月1日に運賃を135→140元へ引き上げた。
2010年10月1日に運賃を140→150元へ引き上げた。 2014年7月1日に運賃を150→140元へ引き下げた。
2016年2月1日に運賃を140→124元へ引き下げた。
リリース
汎航パンハン通運林口長庚医院〜台北(北門)・台北長庚医院、桃園・中歴、
台北長庚医院〜基隆長庚医院
林口長庚医院の送迎バスが主であるが、松山機場〜基隆といった意外な利用法も。
亜通ヤートン客運台北〜大園

竹圍〜中歴
 松山機場から民権路の公車専用道を経由し、中正機場の貨物ターミナルを経て大園に至る。空港勤務者の利用が多いが、旅客ターミナルは経由しないので注意。
 2003年12月下旬より桃園市内バスに参入した。当初は一系統のみ。台北〜大園の高速バスには長榮で乗換できる。路線図はこちら
2006.8.26竹圍〜中歴に新路線を開設。
亜聯 ヤーリェン客運台北〜龍澤〜新竹第二高速経由で台北と新竹を結ぶ。台北では公館・新生南路・仁愛路を経て市政府へ至る。学生の利用も多い。
台聯タイリェン汽車客運台北〜龍澤〜小人国・六福村
台北市政府〜中歴
リゾート路線である一方、龍澤と台北を結ぶ側面も持つ。
 2004年 9月12日より、台北市政府〜中歴に新路線開設。
總達ツォンダー客運
台中〜水里2001年7月から埔里〜高雄に運行開始(現在は廃止)。他に台中〜集集〜水里は30〜40分毎に運行。
2005年3月下旬に全面リニューアルされました。
全航チュエンハン客運
台南〜高雄2004年5月より台南〜高雄で高速バス事業に参入。24時間運行(深夜は40分毎)、運賃135元。
 元々の主力路線は台中〜埔里で約15分毎に頻発、週末に限り24時間運行。他に台中市内バスを3系統展開。火車站〜中友〜民俗公園〜州際棒球場を結ぶ58路は、15分毎に運行され便利。
中鹿ツォンルー客運台中〜鹿港2007年2月16日より高速バス事業に参入。
 マイクロバスで台中と鹿港を直結し、台中では朝馬。干城に停車。
運賃94元(2010.7時点)。和欣客運系列。
濱海ピンハイ巴士 台南〜高雄全航客運、中南客運と共同で、高雄〜台南に24時間運行。20-30分(深夜は40分)間隔。
以前は濱海客運という社名であったが、和欣客運系列化などによって濱海巴士と改称した。高速バス事業からは退出した。
中南ツォンナン客運高雄〜埔里
高雄〜台南
高雄〜墾丁(88線)
他に高雄〜墾丁に24時間、頻繁運行。なお高雄市内バス及び潮州線の運行からは退出し、高雄から台南への路線バスを運行中。
葛瑪蘭カマラン客運 板橋・台北〜礁渓・宜蘭・羅東2007年11月15日より高速バス事業に参入。
台北と宜蘭を國道5号(蒋胃水高速)で直結。座席指定制。
2010年3月25日より、宜蘭の発着所が駅裏(東口)に移転
http://www.kamalan.com.tw/images/100319.jpg
基隆キールン客運 台北(忠孝復興)〜九分〜金瓜石
基隆〜士林
基隆〜板橋
観光客も多く訪れる九分への高速バスを台北(忠孝復興)から運行する。運賃は台北〜九分 98元、台北〜金瓜石 109元、なお悠遊カード割引は廃止に。 (2017.3.1改定) 基隆を拠点に路線バスを展開。
大有ターヨウ巴士台北〜台中・桃園機場・大園・基隆
板橋〜桃園機場
新店〜桃園機場
台北〜宣蘭〜花蓮
トレードマークは[City Air Bus]、台北市内バスも運行。
台北〜宣蘭〜花蓮は、運休中。【再開の見込みはありません】(2005.6〜運休中)
台北市政府站発 1:00, 7:00, 9:00, 15:00, 17:00, 23:00.
花蓮站発 1:00, 7:00, 9:00, 15:00, 17:00, 23:00.
福和フーフー客運 台北(松江路・新生南路)〜基隆
新店・台北(市府轉運站)〜基隆
他に板橋〜公館〜南港〜基隆に一般路線を運行。
なお台北市内バス事業からは退出した。

 2010年11月24日より、基隆〜木柵動物園に新路線開設。
三重サンチョン客運台北〜新竹・揚梅
長庚大学〜台北市政府
公西〜三重
桃園〜台北市政府
剣澤・三重 〜台中
他に台北市内・近郊バスも多数運行。
中興ツォンシン大業巴士台北(士林)〜中歴、
台北市政府〜瑞芳
他に台北市内・近郊バスを多数運行。
首都ショウドウ客運美麗華・内湖科技園区〜基隆
剣澤・三重〜台中
台北(市府轉運站)
〜宜蘭・羅東

台北〜新竹
MRT永寧〜三峡
他に台北市内バスを多数運行。台北市内でもっとも評判の高いバス会社。
北宜高速の路線は2007/12/11運行開始。聯合報か市政府
MRT市政府站直結の 市府轉運站 から乗車。悠遊カード使用可で120元。座席は自由席。 詳細は首都之星を参照。
台北タイペイ客運板橋〜基隆・三峡
MRT景安〜三峡
MRT永寧〜三峡 
剣澤〜桃園
松山機場〜中歴
他に台北市内・近郊バスを多数運行。
路線図を掲載
2010年4月14日より「台北之星」【9023】剣澤〜桃園、【9025】松山機場〜中歴を開設。
大都會タートウホイ客運
NEW!
南港〜基隆大武崙
大坪林〜羅東〜蘇澳
2011年12月1日より【9026】南港〜基隆大武崙を開設し、高速バス事業に参入。
2013年11月12日、【9028】新店〜大坪林〜蘇澳路線【都會之星】を開設、内1時間に1本は坪林に停車。坪林〜羅東でも乗車できる。
桃園タオユエン客運 桃園〜林口〜松山機場
桃園〜台北市府轉運站
桃園〜剣澤
中歴〜松山機場
桃園近郊バスも多数運行。
2010年4月14日より【9023】桃園〜剣澤、【9025】中歴〜松山機場を開設。
中歴ツォンリー客運 中歴〜台北市府轉運站
桃園〜台北市府轉運站
中歴近郊バスも運行。
新竹シンチウ客運新竹〜台北・台中、揚梅〜台北、苗栗〜台中新竹近郊バスも多数運行。
豊原フォンユエン客運 豊原〜台北
台中〜苗栗
2001年 7月運行開始。豊原〜台北240元(月曜12:00-金曜12:00)。台中近郊バスも多数運行。
台中タイツフォン客運台中〜台北・新竹・
竹山・北港・台西・
嘉義・高雄
剣澤・三重〜台中
他に、台中市内・近郊バスも多数運行。
仁友レンヨウ客運台中〜日月澤
台中ー月眉育樂世界、台中〜剣湖山世界
リゾート路線を運行。他に、台中市内・近郊バスを運行する。
2010年頃より、台中〜日月澤線の一部便を高速経由に。
台中発時刻(平日)8: 00,15:00。(土日祝)8:00,9:10,14:30,15:30
高速バス事業からは退出した。
巨業チューイェー交通台中港〜台北、
沙鹿〜台北
沙鹿〜台北は月〜木 12往復、土 15往復、金・日 18往復。
他に、台中西部で近郊バスを運行. 高速バス事業からは退出した。
南投ナントウ客運 台中〜高鉄台中〜
(草屯〜)埔里〜日月澤
高鐵快捷を2007年9月1日より運行開始。当初は約60分間隔。

埔里を拠点に南投県山間部で一般路線バスを運行するほか、台中〜埔里には新埔里号が頻発。

 2009年8月26日より、新たに國道6号線経由の台中〜埔里線を開設した。所要70分。に台中〜高鉄台中〜埔里を32往復(約30分間隔)設定し、高鉄台中〜埔里を僅か50分で直結する。
さらに、2010年春より埔里を経由しない台中〜高鉄台中〜日月澤直行便を8往復開設した。高鉄台中〜日月澤を10分短縮して70分で直結している。
豊榮フォンロン客運台北〜埔里〜日月澤2004年11月18日運行開始。全便日月澤発着。台北の乗車地は忠孝復興より。60分毎に運行。
他に、水里〜日月澤〜埔里、水里〜双龍などに一般路線バスを運行 【注意】2008年10月14日より、高速バス路線の運行を休止中。
台西タイシー客運 北港〜台中
台西〜台中
斗六〜竹山〜朝馬
雲林県一帯で路線バスを運行。一部路線の時刻表も掲載。
2005年 に新路線【三條崙〜北港〜台北、三條崙〜虎尾〜台北】を總統座椅で開設予定であったが実現しなかった。
興南シンナン客運台南〜屏東台南県南部で路線バスを多数運行。高速バス事業からは退出した。
高雄カオション客運高雄〜旗山
屏東〜台南
高雄〜台中は、月〜木・土は200元。
2011年8月26日、台中〜高雄線は廃止された。
高雄近郊バスも多数運行。
屏東ピントン客運屏東〜台南他に屏東県北部に一般路線を展開する。また、高雄〜墾丁に墾丁列車を運行。
2007年2月に全面リニューアルされました。時刻表に加え路線図も、さらに充実!

嘉 義 県 公 車 はこちらから。 (2004.9.)
嘉 義 客 運
☆台湾情報やバス関係のLINK(台湾のバス愛好者のページも収録)☆
スーパーおすすめサイト 弊サイトはAll About Japan
スーパーおすすめサイト 2004 を受賞しました。
その道のプロが、あなたをガイド。All About
 
  作 者 簡 介アジアバスセンター
copyright  2002-2017 ASIA BUS CENTER
ALL Rights Reserved


当サイトオリジナルの文章を、書籍、論文などに引用元を明示せずに使用することを禁じます。
      

香港路線バスの旅        
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO