高 速 バ ス
区間別
比較研究

台中〜高雄


2017. 4. 4 更新


國光客運・高雄站
  國光客運・高雄站 (2014.10)

多数の事業者が競い合う台湾の高速バスを区間別に比較してみました。
豪華バスに乗ってみたい方も、少しでも安く という方も、
本数が多いのが一番さという貴方も是非ご覧下さい。


【重要】2016年11月29日より、國光客運は【臺中轉運站】の発着に変更


統聯客運は2017年3月1日より、運賃を全面的に改定。さらに平日割引運賃の適用時間帯を大幅に短縮した。 國光客運は3月8日から、阿羅哈客運は3月17日から引き上げ。 2016年11月29日より、國光客運は【臺中轉運站】の発着に変更されています。   

事業者名路線
番号
運行時間帯運行間隔
(分毎)
運行
本数
運賃
(台湾元)
優恵
割引
促銷
割引
座席備考
統聯客運
(烏日経由)
台中車站
1621台中発
5:27-22:37
金・日
〜23:07

高雄発
5:45-22:45
(金〜日
〜22:15)
30-40

金・日
20-30
PM10-20
30

月曜
35-36
土曜
39-40
金・日
54-55
3303002703列 2011.2.1?〜
烏日経由新設
統聯客運

【中港】
(1610)24時間20

深夜
30
58-66

金・日
75
330 3002703列台北〜高雄線が
中港で客扱い
を行う
國光客運
(朝馬経由)
【臺中轉運站】
1872 5:40-22:20 40

金・日PM
20-40
28

金・日
32
340

朝馬
300
300

朝馬
260
270

朝馬
230
3列 【臺中轉運站】
國光客運
(朝馬発着)
(1838)7:30-03:00

金〜日
6:30-04:00
60-110

金〜日
60
16

金〜日
23-24
3002602303列 台北〜高雄線が
朝馬で客扱い
を行う
阿羅哈客運
(朝馬発着)
(3999)24時間60

深夜
90-120
22400 300 .總統座椅
パーソナル
ビデオ
服務小姐
台北〜高雄線が
朝馬で客扱い
を行う
阿羅哈客運
(朝馬発着)
【皇后】
(3999)24時間330 270 .3列
パーソナル
ビデオ
服務小姐
台北〜高雄線が
朝馬で客扱い
を行う



割引適用時間
事業者名名称月曜火曜 金曜土曜日曜備考
統聯客運促銷×0:01〜5:00 0:01〜5:00× ×.
統聯客運優恵12:01〜24 :005:01〜24:00 5:01〜12:00× ×.
國光客運促銷23:00〜24:000:01〜4:00
23:00〜24:00
0:01〜4:00× ×.
國光客運優恵12:30〜22:594:01〜22:59 4:01〜12:29 × ×.
阿羅哈客運優恵× ×× ×.
春節などの多客期や祝日とその前後には、割引が適用されないことがあります。
詳細は各バス事業者のサイトや現地でご確認ください。


★台湾の祝日はAll About Japan 台湾に掲載されている
2017年台湾の祝祭日・春節・中秋節・気候・気温 を参考にして下さい。



統聯客運・台中站
統聯客運・台中站 (2014.10)


 統聯客運國光客運阿羅哈客運の 3 事業者が参入し、合わせて平日約150往復(内、台中市内発着58往復)、週末約200往復(内、台中市内発着86往復)を運行している。高雄のターミナルは、3者とも台鉄高雄車站南口東側の建國路沿いに隣接している。一方、台中は各者各様だ。大別すると、台中車站発着便と、市北西の朝馬または中港発着便に分けられる。

台中車站のターミナル
2016年11月29日、台鉄台中車站新駅舎の正面に新たなバスターミナル【臺中轉運站】(台中バスターミナル)が新設され、國光客運はこのターミナル発着に変更された。一方、統聯客運 は従来通り台中車站前の路上に面した乗り場を出発し、市南部の烏日に設けた乗り場を経由する独自のルートで運行される。両者の運行本数は平日の場合30〜40分毎と大差ないが、金・日の統聯客運は大幅に増便されて、20〜30分毎となる。なお、両者とも5〜22時台の運行で深夜便はない。両者とも3列座席であるが、運賃は國光客運の方が原価適用時間帯に10元高く設定されている。

台中市西部のターミナル
台中車站から台湾大道(中港路)を北西へ5Kmあまりに位置する台中インターチェンジ付近に、各事業者のターミナルがある。インター東側の朝馬(チャオマー)地区と、西側の統聯客運中港站に分けられる。
朝馬地区は、市政府庁舎の移転に伴って百貨店などの商業施設も増え、台中の新都心として開発が進むエリアだ。台湾大道西側の朝富路には、國光客運和欣客運統聯客運のターミナルが軒を連ね、東側の至善路には阿羅哈客運のターミナルがある。市内バスを利用する場合は「秋紅谷」で下車する。なお、朝馬の 統聯客運ターミナルに高雄線は発着しないので注意されたい。
國光客運は、台中バスステーション発着の便(約40分毎)が朝馬を経由するほかに、台北〜高雄線の一部便が朝馬で乗降可能であることから、24時間ほぼ60分毎に便がある。2017年3月8日以降は台中車站より40元割安な運賃を設定している。
阿羅哈客運24時間運行され、昼間はほぼ60分毎、深夜は90〜120分毎になる。同社は朝馬にのみ発着し、台中車站への便はない。また、台中〜高雄では唯一2列座席車を運行するが、3列座席の皇后號と混用されている。2列車と3列車の運賃は異なり、2列車が通常70元、火〜木の平日割引では60元割高になる。

一方、インター西側には、 統聯客運の一大拠点【中港(チョンガン)ターミナル】がある。中港発着便は、台北〜高雄線のほとんどの便が中港で乗降可能に設定されており、24時間運行され深夜も30分毎に便がある。運行本数が多いことと、週末の多客時には柔軟に加班車(臨時便)が運行されることも魅力だ。
難点は、朝馬より2Km程市中心部から離れていることと、同社ターミナル以外の商業施設があまりない立地であることだ(売店は設置されている)。さらに、台北〜高雄線で余った座席を販売しているため、週末や金曜夕方は満席になりやすい上に中港発の時刻が流動的なこと、加えて臨時便は4列座席車が充当されることもある。その場合は次回使える割引券こそ配布されるものの、窮屈な旅行になってしまう恐れが否めないことがあげられる。

台中〜高雄で高速バスを利用する上で最大のポイントは、台中に3か所あるターミナル立地点(台中車站、朝馬、中港)を、台中市内の目的地への利便性や時間帯(深夜は朝馬、中港のみ)にあわせて使い分けることにあると言ってよい。(2017年3月記)

2016年以降の動き

 2016年11月29日より、國光客運は台中車站新駅舎正面に新設された【臺中轉運站】(台中バスターミナル)発着に変更された。
國光客運プレスリリース http://www.kingbus.com.tw/newsContent.php?cid=2&pid=453

 統聯客運は2017年3月1日より運賃引き上げを実施した。原価310→330元、優恵250→300元、促銷210→270元とした(台中車站、中港とも同額)。さらに、優恵割引の適用時間を大幅に短縮し、金曜12:01〜月曜12:00の週末とその前後は最高値の原価運賃となった。

 國光客運は2017年3月8日より運賃引き上げを実施した。従来は台中車站、朝馬とも同額であったが、今回朝馬は40元割安に設定されたのが特筆される。また、台中車站は統聯客運より10元割安に設定していたのを改め、原価は統聯よりも10元高く、優恵と促銷は統聯と同額に設定した。
台中車站:原価300→340元、優恵240→300元、促銷200→270元。
朝馬:原価300元(据置)、優恵240→260元、促銷200→230元とした。
また、優恵割引の適用時間を大幅に短縮し、金曜12:30〜月曜12:29の週末とその前後は最高値の原価運賃となった。なお、促銷時段も短縮されたが、國光客運は適用時間を23:00〜04:00と統聯客運よりも1時間前倒しの時間帯に設定しており、月〜木の23:00〜24:00は國光客運が割安になっている。
http://www.kingbus.com.tw/newsContent.php?cid=2&pid=506

 阿羅哈客運 は2017年3月17日より運賃引き上げを実施すると公表したものの、突如延期を表明した。
両排椅(総統座椅):原価385→400元、優恵290→360元
皇后號:原価330元(据置)、優恵260→300元
なお、優恵割引適用時間は火〜木のまま変わらない。

 阿羅哈客運 は2017年3月24日より運賃引き上げを実施した。
両排椅(総統座椅):原価385→400元、優恵290→300元
皇后號:原価330元(据置)、優恵260→270元
今回の改定で深夜を除く火〜木の運賃が、競合する統聯客運や國光客運と同額か40元以内の価格差となった。車内設備やサービスの差を考慮すると乗り得であろう。ただし、本数は多くないのが難点だ。


2003年から2008年までの動静については、 リンク先を御覧下さい。
2009年から2011年までの動静については、 リンク先を御覧下さい。

(おことわり)この記事は、各社の公式ホームページなどから得た情報を基に、筆者が書き起こしました。
内容の正確を期すように努めてはおりますが、保証は致しかねます。予めご了承の上、御覧下さい。
2014年10月に現地調査を行いました。




↓=他の都市間は、コチラをご覧下さい=↓



台湾の高速バス事業者リンク集へ

copyright 2017 ASIA BUS CENTER
ALL Rights Reserved

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO